フリーエンジニアの知って得する会計知識「クラウド会計ソフト」のこと

フリーエンジニアに必要な会計知識

必読の会計知識!

特集メニュー

クラウド会計ソフトについて

クラウド会計ソフトについて

Pocket
[`evernote` not found]

知って得する便利なツール

それまで全く経理というものに触れたことがない人が独立してフリーランスになると、やらなければならない事務処理の多さに圧倒されてしまうこともあります。エンジニアとしてのスキルと経験がいくらあっても、会計知識はそれとは関係がないため、1から学んでいかなくてはなりません。しかし、仕事をしなければ一切収入にならないフリーランスは、経理の勉強ばかりに時間を費やしているわけにもいかず、早く仕事に専念したいと思うことでしょう。
そんな人の強い味方になるのがクラウド会計ソフトです。クラウド会計ソフトを活用すれば、経理にかかる手間を大幅に省き、その分仕事に集中する時間を多くすることができます。

クラウド会計ソフトとは

クラウド会計ソフトは、最小限の労力で経理を効率的かつ正確に実行することができるとても便利なソフトです。クラウドサービスはオンライン上で利用するものなので、インターネット回線と端末さえあれば、いつでもどこでもデータ管理をすることができます。クラウド会計ソフトに事業用の銀行口座やクレジットカードなどを同期すれば、自分で入力しなくても自動的に帳簿を作ることができるので、簿記の知識がない人でも簡単に仕訳を行うことができます。
また、データ記入が自動で行われるので、記入ミスや計算ミスのリスクを大幅に減らすことができます。全てのデータは、端末内ではなくクラウド上に保管されているので、万が一いつも使用している端末に不具合が出てしまっても、他の端末からデータをコントロールすることができて安心です。

クラウド会計ソフトならではの特徴

クラウド会計ソフトはとても便利なツールですが、利用に際してはインターネット環境があることが絶対条件になります。また、パッケージソフトとは違って、月額料金を支払うか年単位で料金を支払うかのどちらかの方法を選ぶことが可能ですが、料金は継続的に発生することになります。しかし、料金を支払って経理の時間を省き、その分生産性のある仕事を行った方が利益になるので、使って損のないツールと言えるでしょう。

人気のクラウド会計ソフト「freee」

クラウド会計ソフトの「freee」は、会計ソフトシェアNo.1と人気の高いソフトです。銀行口座やクレジットカードはもちろん、レジの入出金に関する情報は自動入力され、ソフト内で作成した請求書の情報も全てデータ化されるので、自分で入力する必要がありません。領収書はスキャンで取り込めますが、スマートフォンで撮影した画像からも取り込めて、金額や用途まで自動推測することが可能です。確定申告書も簡単な質問に答えるだけで簡単に作成可能で、わからないことがあればチャットやメール、電話サポートもあるのでとても安心です。

freee

freee